【AIによる寄稿】AIはこれまでのコンピュータと比べて何を可能にしたのか

この記事は実験的にarticooloを使用し、AIによる執筆を行っております。

AIはこれまでのコンピュータと比べて何を可能にしたのか

articooloから取得した原文

Even though computers are better with regards to processing and making calculations, they have not been able to accomplish a few of the basic human tasks, so far. Here, we’ll provide a cognitive processing definition that includes what it is and how it’s used. Cognitive processing is not just one technology: It make usage of multiple technology and algorithms that permit it to infer, predict, comprehend and make sense of info. Through Natural Language Processing systems based on semantic technology, intellectual systems may comprehend meaning and context in a language, enabling deeper, more intuitive level of development as well as interaction with information.

Compared to being programmed with a rigid series of linear or logical answers or rules, cognitive processing uses a strategy which allows it to get to an answer or make the best choice in a way which resembles human reasoning. New information and relationships with people and information might help improve and polish its penetration and precision with time. Put simply, Cognitive Computing convenes the best of all worlds, combining the speed, scale and power from machines with a human like strategy to take advantage of info on a scale that will normally be difficult for individuals. The capability to comprehend language, to recognize patterns as well as to be able to study from information might help businesses address more significant and complicated challenges. Cognitive processing is a natural for large data, which is made up in big part by unstructured information, the qualitative information made of text as opposed to numbers, like e-mail, social network posts, client studies, news reports and more.

日本語翻訳

現状のコンピュータは、処理や計算に関しては優れていますが、いくつかの基本的なヒューマンタスクを達成することはできていませんでした。ここでは、そのタスクが何であるか、どのように使用されているかを含む認知処理とは何かを紹介します。

認知処理は単なるテクノロジーではありません。複数のテクノロジーとアルゴリズムを使用して、推測、予測、理解、情報の理解を可能にします。セマンティック技術に基づく自然言語処理システムを通じて、知的システムは言語の意味と文脈を理解し、より深く、より直感的なレベルの開発と情報との相互作用を可能にします。

一連の線形または論理的な回答あるいは規則でプログラムされているのと比較して、認知処理は、人間の推論に似た方法で回答に至る、もしくは、最良の選択をするための戦略を利用します。新しい情報、人と情報との関係は、その浸透度と精度の改善に有益に作用します。要するに、コグニティブコンピューティングは、コンピュータからのスピード、規模、パワーを人間のような戦略と組み合わせて、通常は個人にとって困難な規模の情報を活用する、あらゆる世界のベストシナリオを集めます。言語を理解し、パターンを認識し、情報から学習する能力は、より重要で複雑な課題に企業が取り組む際に有益です。認知処理は、電子メール、SNS、クライアント調査、ニュースレポートなどの定量的な数字とは対照的に、テキストで構成された定性的な情報で、大部分は大量のデータで構成されています。