【AIによる寄稿】サイバー攻撃を防ぐために必要なこと

この記事は実験的にarticooloを使用し、AIによる執筆を行っております。

サイバー攻撃を防ぐために必要なこと

articooloから取得した原文

Phishing attacks are on the increase as cyber crime takes advantage of each chance to steal money from innocent victims. The Anti Phishing Workgroup January 2007 report revealed a rise of 67.4 percent in phishing strikes over the same month in the year 2006. The latest banking purchases are a best case of how phishing takes benefit of the news of the day. Over the a week ago there’s been an increase of strikes related to latest bank acquisitions. Due to the increase of this action you need to stay cautious when receiving unsolicited email which can be a possible phishing attack.

The stock exchange slide will certainly trigger even more spam and strikes over the coming weeks. You cannot prevent these attacks, however you could avoid being a victim by following ten easy steps. Cyber criminals are creative and always seeking new ways to attract more victims. This is the reason I say you cannot prevent phishing attacks, yet there are fundamental common sense measures to avoid being a victim by following ten simple measures. Make sure your computer is upgraded and scanned on a regular basis with a corporate grade computer security package. There is a big difference in quality between over the counter products as well as a managed professional grade computer service.

Make certain your windows background protection is present by going to Windows update. Don’t trust any email that urgently requests personal info of any sort. Banks along with other reputable companies and businesses don’t operate this way. Never click links in email claiming to be from a legitimate company or organization. Some of those attacks download Trojan horse viruses along with other malware onto a pc when a link in the email is clicked on. Ensure that the email is from a reliable source before clicking on a link. Legitimate organizations usually don’t ask you to verify user name, password aside from a preliminary set up.

Don’t call any number or utilize any link in a suspect email. Always verify the telephone number via a trustworthy source before calling otherwise you might fall prey to their scam. Criminals send out Phishing e-mails to millions of individuals. Never fill out personal info of any sort including accounts, usernames, social security numbers, charge card numbers, and the like via a kind on the web. Always report suspicious activity to the company or organization being spoofed. There is no such thing as preventing this kind of crime. Just a small percentage of individuals fall for the phishing attack ploys.

日本語翻訳

サイバー犯罪が罪のない犠牲者から金銭を盗む機会の増加に比例し、フィッシング詐欺が増加しています。 2007年1月のフィッシング対策ワークグループの報告によると、同月のフィッシング攻撃が2006年に比して67.4%増加したことが明らかになりました。最新の銀行買収は、フィッシングがその日のニュースの恩恵を受けるベストケースなのです。 1週間以上前、最新の銀行買収に関連してフィッシング攻撃が増加しました。このような行為が増えたため、迷惑メールを受信するときは、フィッシング攻撃の可能性があるので慎重に取り扱う必要があるのです。

株式交換のスライドは、今後数週間にわたり、さらに多くのスパムメールとフィッシング攻撃を引き起こします。あなたはこれらの攻撃を防ぐことはできませんが、10の簡単な手順に従うことで、避けることはできます。
サイバー犯罪者は、クリエイティブであり、より被害を拡大させるために常に新しい手口を考えています。そのため、フィッシング攻撃を防ぐことができないのですが、被害者にならないようにするための基本的な簡単な10の対策があります。
まず、あなたのコンピュータが、コンピュータセキュリティパッケージで定期的にアップグレードされ、スキャンされていることを確認してください。管理されたプロフェッショナルグレードのコンピュータサービスと、カウンタ製品の品質との間には大きな違いがあります。

Windowsの更新を行うことによって、Windowsのバックグラウンドでのプロテクトが存在することを確認することができます。個人情報を要求するような電子メールは信用しないようにしてください。銀行は他の評判の良い企業とは異なり、このようには機能していません。正当な会社や組織からのものであると主張する電子メールのリンクをクリックしないでください。これらの攻撃の一部は、電子メールのリンクがクリックされると、トロイの木馬のウイルスを他のマルウェアと一緒にPCにダウンロードする仕組みを持っています。リンクをクリックする前に、電子メールが信頼できるソースから送信されていることを確認してください。正規の組織から来たメールであれば、通常、予備の設定を除いて、ユーザー名、パスワードの確認を求めることはありません。

疑わしい電子メールの中身に記載されている電話番号に電話したり、リンクをクリックしたりしないでください。信頼できる情報源を介して電話番号を必ず確認してからでないと、詐欺に遭遇する可能性があります。犯罪者は何百万人もの人にフィッシング詐欺メールを送ります。アカウント、ユーザー名、社会保障番号、チャージカード番号などを含む種類の個人情報は、ウェブ上に決して記入しないでください。疑わしい活動を、偽装されている企業や組織に直接報告してください。このような犯罪を防止する術はありません。フィッシング攻撃の対象となるのは個人のほんの一部にすぎません。