【AIによる寄稿】ITコンサルタントのこれからの役割

この記事は実験的にarticooloを使用し、AIによる執筆を行っております。

ITコンサルタントのこれからの役割

articooloから取得した原文

As businesses continue to cut down prices, consolidate staffs and eviscerate government wages, increasingly more senior level IT professionals are eyeing corporate way outs – or being revealed them against their will. For many such technology execs, the next thing on the increasingly rocky, do-it yourself twenty-first century career path is independent consulting. Do you’ve what it might take, or know just what it might take, to strike out on one’s own? Where do you find customers? Should you specialize? What about promotion and financing? Where could you get decent, affordable medical health insurance when you are cut lose from corporate benefits? How do you understand the huge cultural changes of minding your very own calendar, developing and constructing your very own advertising demonstrations and, horror of horrors, scheduling your very own economics class air travel? How do you make the sign and find paying customers quickly, when it appears like every other let go IT exec is setting out his own shingle? To answer those along with other concerns, Computerworld rounded up a boardroom worth of former CIOs along with other higher level IT professionals who effectively made the transition to IT advisor.

Here are their difficult won responses and practical advice. Regardless of what is the depth and breadth of expertise, just changing your name and business card to IT advisor is not likely to land you just one customer. Specialization is completely crucial, relating to effective CIOs turned consultants. Eileen Strider, a former CIO at Universal Underwriters Insurance Group, is now a partner with her husband in their own consulting firm, Strider & Cline Inc. Strider’s market is reviewing large, frequently troubled ERP projects in the college education segment. Hernan Tocuyo, former CIO at FedEx Services who is now an independent consultant in the Dallas\/Fort Worth area, specializes in nonprofits and small businesses with no in house IT staff.

They do not have the expertise or the money to get a full time CIO. They can have a system administrator or IT manager, but that individual doesn’t know something about accounts receivables systems, he notes. So Tocuyo markets himself as a professional who might come in and implement a system, then train people who stay on the job to operate it. If you focus on everything, people won’t know who you’re.

日本語翻訳

企業がコストカットと同様に、スタッフの統廃合や国の定める最低賃金を無視し続けることにより、多くのITのシニアマネージャークラスの方々は、彼らの意思に反し、会社を辞めるか否か検討することになる。彼らのようなITの幹部社員が、この不安定な21世紀のキャリアパスを生き抜く手段として挙げられるのは、ITコンサルタントとして独立することです。
あなたはあなた自身を納得させるものを持っていますか?それとも、何をすれば納得するか知っているだけですか?
どこであなたの顧客を見つけますか?
あなたはスペシャリティを持っていますか?
プロモーションと独立するための資金はありますか?
企業の福利厚生が失われた場合、どこで手頃な価格の医療保険に加入しますか?
自分の予定を自分で埋めて、自身の宣伝やデモンストレーションを行い、顧客が来るのかという恐怖に怯え、自身の経済レベルに合った航空旅行を自分で手配するという様々な生活の変化をどのように理解していますか?
あなたはどのようにして自分のサインを作り、いち早く顧客を見つけることができるのですか?
他の懸念事項とともにそれらに答えるために、Computerworldは、実質的にITアドバイザーに移行した高いレベルのITマネージャーに加えて、企業の元CIOを集めました。

ここには、彼らの難しいウォン・レスポンスと実践的なアドバイスがあります。専門知識の深さと幅が何であるかに関わらず、あなたの名前と名刺をITアドバイザーに変更するだけでは、あなたは新たな顧客を獲得することはできません。元CIOがコンサルタント転身する場合は、専門性は特に重要です。ユニバーサルアンダーライター保険グループの元CIOであったEileen Strider氏は、現在、彼女の夫が務めるコンサルティング会社であるStrider&Cline Inc.と提携しています。Striderの市場では、大学教育分野で大規模でかつ問題の多い基幹システム刷新プロジェクトを検討しています。 Hallan TocuyoはFedEx Servicesの元CIOで、Dallas \ / Fort Worthエリアの独立したコンサルタントであり、社内のITスタッフがいない非営利団体や中小企業を専門としています。

ITスタッフがいない非営利団体や中小企業では、フルタイムのCIOを獲得するための専門知識や十分な資金はありません。彼らにはシステム管理者やITマネージャーがいるかもしれませんが、その人は、売掛金システムに関する何かを知らないかもしれません。そこで、Tocuyoは、システムを実装し、それを操作する仕事をしている人を育てる「専門家」として自分自身をマーケットに売り出しています。
もしあなたが「専門性」を示さず、「何でもできる」とあらゆることにフォーカスを当ててマーケットに出したとしても、人々はあなたが何を出来るのかを知ることができず、顧客は捕まらないでしょう。