フィンテック革命からブロックチェーンの波がAI ・IOTに!

ブロックチェーン

参照画像:http://www.hedgethink.com

ブロックチェーンが完全に世界経済を強力なステップでシフトさせることは間違いなしです。その効果はまだ表面をひっかく程度のものですが、これからより深い方法でバンキングのDNAと全産業の金融サービスを変えるでしょう。

ほとんどの世界経済がまだデジタル化されていないというのは多くの金融組織の情報公開が始まりと共に重要なポイントだと言えます。さらに、グローバルビジネスの大部分は世界経済と社会のデジタル化に協力しているのに、銀行や金融組織はまだ孤立しています。しかし、AIと IOTにブロックチェーンの革命を起こしたという強力な事実は、インターネットによる金融サービス産業に対し、より大きな津波となり、インターネットが起こしたような金融サービス産業により結果を残すでしょう。

最近のPwC survey によると、世界規模の銀行のリーダーのうち63%がデジタル化へのトランスフォーメーションとの協調、また彼らの産業セクターの脅威ともなりつつあるテクノロジー・イノベーターズに関心を持ちながら、同時にレガシー・テクノロジーにも投資を続けバランスをとる必要があると答えています。そこで、挑戦とはそのため、今や迅速に激しい勢いで迫りつつあるより大きい何物かに対し、いかに対応するかということなのでしょうか。
新しく起こった変革において、私たちはまだ日が浅いうちに存在しているのですが、それでも、今回の変革はより大きく、速く、全体的な変革となります。

Closed and centralized IOT networks
閉鎖的でありそれぞれが集中化されているIOTネットワークス

Open access IOT networks, centralized cloud
IOTネットワークスのオープンアクセス、クラウドの中央化

Open access IOT networks, distributed cloud
IOTネットワークスのオープンアクセス、クラウドの流通化

IOT /Blockchain how to create distributed ledger tech?
IOTそしてブロックチェーンは流通する元帳テクノロジーをいかに創造するか?

Universal digital ledger
ユニバーサルデジタル元帳

Redister new devices
新しいデバイスへの登録

Authenticate remote users
リモートユーザーでる証明

Barter power with other appliances
他のアプライアンスとのパワー交換

Run checklist for automobile safety
オートモバイルのチェックリストの照合

Blockchain and IOT centralized and decentralized ledger tech evolution
ブロックチェーンとIOTの中央化そして元帳テクノロジーの分散化

Fintech革命黎明期からAI、IOTに津波が押し寄せる時まで

レガシーシステムとオープンアクセスで様々な形態を持つAI、IOTネットワーク、流通クラウドシステムが共存するという現風景の中で私たちは存在しているのです。ブロックチェーンは、小型のエスクロー契約型技術ソリューションですべてを管理するために、大型のデジタルのエクセルのような流通する元帳技術が提供されたようなものといえます。

トランプ氏が最大の国のリーダーとなり、金融産業及び世界経済の法的枠組みに対する新たな挑戦が始まると同時にこういった技術革新も始まったのです。イギリスのEU脱退で起こったカオスに埃が積もった。多くのイギリス人らは最大の主張に騙され、この先何年かはプランもヒントもないという反面、ヨーロッパのライバル国は世界の金融ハブ都市であるロンドンの崩壊というチャンスに涎を垂らしています。

何千もの仕事と金融サービスに何十億もの出資し、規制と投資、それに従来の手口と構造から全体的にシフトすることで、経営が創造、運営されるのです。

ワシントン、ロンドン、ニューヨーク、ベルリン、の何百の企業、スタートアップは規制、戦略への解決策を賢明に創造している状態であり、ブロックチェーン技術の中心である多くのFintechスタートアップは、現在から未来にかけて金融サービス産業を大規模に発展、変化するため最善の解決策をつかもうとしている状態です。

これらのFintechプレイヤーらは変化と破壊に対応しなければならなくなるでしょう。多くの場合、銀行、パートナーとしての銀行、または、従来銀行によって行われてきたサービスを効率的に交替するという必要があります。マイナスな点を、もし挙げるならば、金融組織、銀行、中央銀行、政府も変化したエージェントとならなければなりません。適応に順応する勝者は、もしくは成長、生き残りができる者は、継続的な進化と変化、そして顧客、共同体、種族、より大きく変化するUX 及び UIのセントリックプラットフォームの価値と活動のトラストプロトコールの創造に焦点を当てるために彼らをいったん解放するという変化とニードを理解していなければなりません。

ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、猛烈な買収

ブロックチェーンおそらくすべての解決策にはなりません。しかし、ブロックチェーン発達の速さは、便利なスマートコントラクトであり、その要素はもはやビットコインのような仮想通貨関連以上の何物でもありませんが、バンキングの未来の可能性のあるものとして浮上し、一時的なのものでなく、ゆっくりと始まりすべてを飲み込んでしまう大きな津波のごとくすべてを変化させるのです。

グローバルバンクと世界のトップ金融組織がブロックチェーン技術を試すため可能な限りの速さで変更、移行しています。そのやり方とは彼らがこの分散型記帳技術に移っていく際、併せてレガシーシステムとの関連を保持したままできるコスト効率のいい方法であり、付加価値業務にも焦点を当てられるようにしているのです。

Fintechのブロックチェーンのスタートアップは金融業界のトップたちと顧客の契約のポイントとして始まったのかもしれません。しかし、IBMやマイクロソフト、その他テクノロジーの大企業は、ブロックチェーン中心が可能である他の様々なバージョンを探索することを先行させています。ビッグバンク、例えばゴールドマンサックス証券では自社技術の開発を先行させ、Rコンソーシアム何行かのビッグバンクのトップと金融プレイヤーとを統合しようとしています。

PwCは先月2016年だけで140億ドルをブロックチェーンスタートアップへ投資しています。

ブロックチェーン技術、スマートコンタクト、AI そして、 IOT

“人間の手から銀行業務が引き継がれ、洗練されたロボットが中心となって業務が行われるようになるまでにそんなに時間がかからないと感じるようになるだろう” シアラン・ケリー PWC

ブロックチェーン技術はAI、スマートコントラクト、IOTの発達と同盟を結びました。そして、世界的な革新、変動、そして、崩壊を進めているのです。これらすべてのテクノロジーが合わさり最近浮上の360 digital、事実上または仮想上の通貨を創造する元帳となったのです。これらは昨今の無駄な変換または取引がバッチ処理されタイムスタンプの押された積木ブロックから構成されているようなものですが、最近のテクノロジーの変革の価値連鎖を形成しており、積木そのものはそれぞれの遂行の準備をしているのです。

事実、ブロックチェーン技術がアイデンティティ、セキュリティ、ネットワー全体管理のための新しい方法のカギとなるのは疑うべき余地もありません。―加えて、テクノロジーの構造と未来のための元帳となりうるのですが、その工程を遂行するためには多くのニーズがあるのです。

ブロックチェーンスタートアップのトップリーダーたち

ブロックチェーンの900社以上から集約されたデータをもとにしたoutliersventures.ioの調査によると、ブロックチェーンのエコシステムの会社また市場がターゲットを動かしつつあるということです。
Outlier Venturesで管理されているThe Blockchain Startup Trackerにより、チャート及びロケーションを基にしたエコシステムの包括的マップが提供されました。この調査及びマッピングによると、現在、the Blockchain ecosystemは米国が38.9%を占め、スタートップか登録をした、または開発業務を展開しているとなっています。二番目に重要とみられる国はイギリスで、ブロックチェーンのスタートアップがここで16.7%行われています。イギリスのEU離脱、トランプ政権の発足がブロックチェーン産業に更なるインパクトを与えようとしているのが興味深いところです。イギリスのEU離脱に関してoutliersventures.ioが収集した最近のフィードバックでは、投資者はポンドの値下がりについてはパニックを起こす原因というよりも機会として捉えているように示唆されています。
つまり、Berlin is already hard at work attempting to attract disillusioned tech talent to the city.の記事内容の理解が必要と思われます。以下は、3位カナダ3.3%、4位中国3.2%、5位シンガポール2.6%、6位ドイツ、同等でイスラエル2.5%でした。

もう一つRichtopia創立者 Derin Cag氏による調査リストがあります。このリストはRise boardによって作成され、リアルタイムのソーシャルメディア会社のリスト として100 Most Influential Blockchain Companiesで挙げられています。毎週発表される「最も影響を与えるブロックチェーン会社トップ100」では、ソーシャルメディアに最もインスピレーションを与えると思われる会社が完成された概説で紹介されます。

ブロックチェーン会社について検討あるいはディスカッションする際においては以下に示す会社リストから、ブロックチェーン業界において強いリーダーシップを持つ組織、会社を覚えておくことは重要なことといえます。

Ethereum

Ethereumとそのリーダー、若干ながら先見の明を持つVitalik Buterin氏については十分知られているため、プロジェクトとチームに対する勇気と熱意以上付け加えられる可能性については測り兼ねるところがあり、Ethereumが今年何を起こすかを観察する必要があるでしょう。https://www.ethereum.org/

Ripple

SWIFT(国際銀行館データ通信システム)を利用し、急速に成長しつつあるグローバルリアルタイム決済です。

R3 CEV

金融テクノロジー組織会社で、ブロックチェーンで最大の銀行、金融組織に携わるリーダー的存在です。金融市場にブロックチェーンテクノロジーを導入する最大の試みを行った最大の功労者です。

Backfeed

明確で幅広いスキルを持つエンジニアチームと、
思慮深いリーダーたちでテルアビブを拠点にするBackfeed (http://backfeed.cc/)活気のあるテクノロジーと新しい経済モデルを開発し、自由で大規模で統括的コラボレーションをサポートしています。

Everledger

Everledgerはデジタルでグローバルな耐久性のある元帳として、ダイヤモンドやその他一生を通しての貴重品といったもののトラッキング
や保護をしています。

Plex

小規模ながらも市場を見る焦点と大志を持ったTerek Judi氏創設の急速に成長しているスタートアップです。Plex.AiはEthereumの機械学習、人工知能を利用して自動車テレマティックスプラットフォームで自動車及びドライバーの保険会社のリアルタイムビジネス、リモートサポート、診断を行っています。

outlierventures.io / Blockchain Angels Europe

Jamie Burke Outlierventures と Blockchain Angels率いるこの会社はパワフルに急速に成長した多くの専門分野にわたるブロックチェーンエンジェルネットワークであり、シンクタンクリサーチプラットフォームです。ブロックチェーンにおけるディールフローとつながっています。ブロックチェーンの世界最大投資家ネットワークです。

Consensys

Joseph Lubin氏率いるConsensysは、ロナルド・コースが唱える理論的枠組みに踏み込むアンチフラジャイルの組織です。ハブそしてスポークモデルとして、多様な垂直市場で働くブロックチェーンテクノロジストの自由な関係を保護し、さらに、彼らの集約された理解、そしてそのスキルのテコ入れを行っています。Consensys (https://consensys.net/) 傘下の会社、特にトップテンのリストに入っているUport や Ujo musicにとってここは自立するには十分良い所だといえます。

Circle

ダブリンとロンドン拠点とし、Barclaysを通して認証されたブロックチェーンによるプラットフォームを使い、モバイルデバイスを通じて消費者への個人間決済が可能です。

Ornua

ブロックチェーンを使って世界で初めての貿易取引を行った組織です。Barclaysとのパートナーシップを通して可能となったOrnuaとthe Seychelles Trading Companyとで行われたクレジット取引はFintechの会社Waveによって創業されたプラットフォームで操作された初の貿易取引です。

※本記事は以下の内容を翻訳・引用しています。
http://www.hedgethink.com/fintech-revolution-ai-iot-driven-blockchain-tsunami/