フィンテックにはなぜイノベーションとコラボレーションが必要なのか

トレード

フィンテックについて、その変化のスケールと領域がフィナンシャルサービスに及んでいることは近頃かなり見聞きされていることです。事実、業界関係者らはフィンテックと大手金融企業とのコラボレーションの力を過少評価していますが、その組み合わせは破壊的イノベーションを引き起こす可能性があります。金融政策と規制強化(例として、年金赤字問題)に見舞われた結果、フィンテックがもたらすイノベーションへのニーズは各分野において急速に広がり、企業活動の価値連鎖のコスト制限においては有益なものとなるでしょう。

いままでの金融プレイヤー

フィンテックが扱う領域は保険、規制、福祉/資産管理、サイバーセキュリティ、融資、その他と幅広く、各部門がそれぞれ大規模金融機関の根幹をなす事業に関連しています。
管理者の金融プレイヤーが主に焦点を置くのは過去における失敗(例えば、ウオール街の大暴落、ウエルズファーゴの不祥事、リングフェンス、フロントランニング等)であり、特に銀行は将来に対する要求・要望に焦点を当てず、各部門の改革演説に関し、全く注目することはありませんでした。

向かうべき方向

しかしながら、 “これまでの”のプレイヤーは顧客資産の管理と顧客リーチの流通網を武器に、投資顧客へアプローチしていました。
ロボ・アドバイザーを例として説明しますと、ロボ・アドバイザーはより多くの顧客を引き付けます。しかし、引き寄せる顧客セグメント(個人)の可能な全収益の把握まではできず、顧客の悩みを完全に解決させることまではできません。
究極のところ、年金、基金、贈与金、そして保険会社は、より重要な配当をもっており、早急に試練に目を向けるべきです。様々な資産クラスからの投資リターンは人口の高齢化による負債等によって減少してしまいました。

スイスで毎月いくつか行われる会議においては、アントレプレナーが保険や資産のマネージメントのベンチャー企業で働いています。
プレゼンテーションはミレニアルズ世代にとってはキャッチーでないのですが、駆け引きを要する市場と長期展望の不一致に対し、資産配分のための雛形をつくり、探索、評価する投資活動のモデルのツールとなっています。

そのアドバイスはシンプルでありますが、ポートフォリオマネージメントのポテンシャルを引き出すことができます。多くのFintechの提案とは異なり、直観的なものとなっております。例えば、ストレステストでは純粋な数値でシナリオを設定せず、過去のケースの振り返り(ロシア財政危機やアジア通貨危機等)もしません。その代わりに、ツールのレベル(公正価格, 価格アップ, 価格変動)の現状と将来の状況(すでに知られていて、予期される状況)を設定します。ツールの目的は、ポートフォリオのインパクト評価の予期を上昇させるような活動を確認することです。例えば、スポット取引でインパクト評価がネガティブな投資家(負け組)に対しポートフォリオでリスクヘッジやそのウェイトを下げる、また高いインパクト評価を持つ投資家(勝ち組)に対しては投資方法を探すというように、それぞれのポートフォリオの内部、外部には彼らの分配を増やす方法があるのです。
イノベーションとは、行動認識技術を持った関連モデルツールにより補完され、その解決の裏側で提供されるものなのです。

未だ評価されていないツール

ツールのメリットはいまだ評価されておらず、すべてを単純に見たとしても、ツールには全投資家に対して牽引力がないのです。その理由はどこにあるのでしょうか。

その理由の根本はツールを利用する最終ユーザー(取締役会会員、投資責任者、ポートフォリオマネージャー)にあります。彼らは、ベンダーが決めたプロセスを考えず、裏側の業務が窓口業務へ影響を与えることに気づいていないのです。
今回のケースでは企業家はつねにアナリストか、新しいプロバイダに変えるのに固執しているか、または最前線でインセンティブアラインメントを失ってしまった資産分配オペレーションチームの間を行ったり来たりしているのです。
全体的に、ポートフォリオマネージメント貢献の重要性を理解していないために固執しているものと見られます。起業家は長年かかって初めての“成功”をおさめるのですが、その“成功”のためには、アナリストたちと投資役員らが顧客のニーズにおいてコラボレーションしなければならないのです。

堅実な金融企業のチームの中でのコラボレーションでなく、Fintechの起業家と現職役員らがお互い助け合える現存分配網に居ること、そして産業と向き合うというテクノロジーの刷新から得る力を理解することです。
最後に、近い将来について考えるのは初めてであっても、実際にクライアントらはチャットボットで話し、企業投資資金の多くが人工知能アルゴリズムでマネージングされています。それでも企業の義務とは、“破壊的な”、そして“旧態依然の”世界のための部屋もあるのだという決断のプロセスの裏にある直観的な説明を行う必要もあるのだということです。